Logicoolマルチタスクマウス、M585を使ってみたレビュー

生活

Logicoolのマルチタスクワイヤレスマウス、M585。

 

単なるワイヤレスマウスではなく、マウス1つで2台のパソコン操作できる優れものです。
専用のソフトウェアをダウンロードすれば、なんと2台のパソコン間で文章のコピペもできちゃいます。

 

しかも、親指が当たるサイドの位置には便利な戻る&進むボタンもついています。

 

ワイヤレスマウス、いつか欲しいなあ…と思っていたのですが。
12月に開催されたAmazonのセールで安くなっていたので購入しました!

 

 

ちなみに定価は3,500円なのですが、amazonだと通常でも3,000円以下で送料無料です。

 

中身や実際に使ってみた感想などをお話していきます。

 

※ちなみに、会社で使っておりソフトウェアのインストールはできない環境なので、2台のパソコン間でコピー&ペーストができる機能は試していません。ご了承ください。

 

でも!!

 

私は、コピー&ペーストができないのを分かっていて購入しました。

 

コピー&ペーストができなくても買う価値があると感じたからです✨
ソフトウェアをインストールできる環境にいらっしゃる方はさらに有効活用できると思うと羨ましいです。

 

その魅力をお話していきます😊

 

M585のパッケージと中身

 

パッケージはこんな感じ。
おなじみのAmazonの大きな箱で届きましたが、パッケージはマウス本体より一回り大きいくらいの小さな箱でしたw

 

 

思ったよりコンパクトで、この緑がかった青いパッケージもオシャレです😍
こういうのって地味なプラスチックのパッケージに入ってるイメージ…笑

 

ワクワク…

 

 

本体色についてですが、私は「グラファイトコントラスト」を買いました!
格好いい名前ですが、言うならば「黒」です。笑

 

明るい雰囲気のグレーと、デスクが一気に活気づきそうなレッドもあります。
気になる方はオフィシャルサイトで確認してみてくださいね。

Logicool Wireless Mouse M585 Multi-Device
新しい世代のマルチデバイスマウス、M585によって、2台のパソコン上でシームレスにナビゲーションを行い、1台のパソコンから別のパソコンへコピー&貼り付けを実行することができます。

 

 

 

開封すると、マウス本体と説明書?が2枚目。

m585のパッケージと本体

M585説明書

 

…ん?マウスだけ?
接続用のUSBレシーバーはどこだろう…

 

 

裏側を見てみると…

 

M585の本体裏側

M585の電池裏側

 

 

なんと電池の蓋を開けたところに入っていました!スマート!

 

M585のUSBレシーバー

 

恥ずかしながら今まで有線マウスばかりだったので知らなかったのですが、
ワイヤレスマウスでは電池蓋の裏側にレシーバーが入っているのが一般的なようです。

 

確かに、これだけ小さいレシーバーは無くすリスクも高そう…。

 

持ち運んで使いたい時にもここに入れておけば安心ですね。

 

 

ちなみに電池は単三乾電池が必要ですが、買ったときからセットされていました。
使用環境にもよりますが、公式によると単三乾電池1本で2年間持つみたいです。

 

 

M585をBluetoothとUSBでセッティング

 

このマウスは1つで2台のパソコンを操作出来ることが売りとなっています。

 

1台のパソコンはBluetooth、1台のパソコンはレシーバーをUSBジャックに繋いで使います。
そのため、2台のパソコンを操作したいなら1台はBluetoothが使える必要があるので注意。

 

接続はとても簡単。
パソコン側のBluetooth設定画面から「M585」というデバイスを選択するだけ。

 

数十秒で完了、複雑な作業は不要です。
パソコンをシャットダウンしても設定は引き継がれます。

 

設定についてはBluetoothスピーカーやイヤホンと同じようなイメージで、とにかく簡単です。

 

もう1台のUSBを使う側の設定も、レシーバーをUSBに刺すだけ。
こちらはパソコン側の設定は不要で、USBに刺すだけですぐ使えます。
普通のマウスと一緒ですね。

 

 

M585はワイヤレスで快適

 

私、恥ずかしながらワイヤレスマウスを使ったのは初めて。

 

実はテンキーも有線で繋がっているので、今までパソコンの横のエリアがコードで占領されてたんですよね、、😓

 

一応ぐちゃぐちゃにならないようにコードをまとめて束ねてはいるんですが、テンキーの上にマウスのコードが重なったり…。
仕事ができないほどじゃないけど、地味に気になっていました。

 

コードをなくすためだけにマウス買うのもな〜と思ってましたが、
今回はマルチデバイスで使えるということで思い切って買ってみました💓

 

でも、ワイヤレスマウスに買えてみて想像以上にすっきり、快適✨
テンキーを打つときもマウスのコードが邪魔じゃなくなりました。

 

有線からワイヤレスに買えるだけで思ってた以上に爽快でしたよ!

 

M585の使用感について

 

また、2台のパソコンを行ったり来たりできるマルチデバイス機能の使用感について。

 

マウス中央のボタンが切替スイッチとなっています。
押すとその下の「1」「2」というところのランプが切り替わり、もう1台のパソコンの方に移動できます。

 

ちなみに、Bluetoothでセットしたパソコンが「1」。
USBレシーバーでセットしたパソコンが「2」として認識されています。

 

M585のボタンの役割

 

ちなみに切替のタイムラグは若干ありますが、わざわざ待つほどではないです。
体感0.5秒くらいかなあ…。
マウスを持ち替えるより、はるかに楽ですよ。

 

 

それから、サイドについた進む・戻るボタンがかなり便利です。

M585の進戻ボタン

 

前のボタンが進む、後ろのボタンが戻るというのに慣れるまで半日くらいかかりましたが、
ブラウザでネットを見ているときはもちろん、階層フォルダを開いているときにも使えてかなり便利です!

 

編集の取り消し・やり直しにも使えたら良かったんですが、そこまでは対応していませんでした💦

 

 

ちなみにM585のデメリットとしては、あまり思いつかないのですが…

 

今まで使っていたマウスに比べてクリック音が少し大きいかな?と思いました。
他のレビューサイトなんかを見ていてもそう感じる方は多いようです。

 

ただし、1日使ってしまえば慣れて特に何も感じない程度です😊

 

 

心配な方は、静音性に優れたM590も出ているのでこちらもチェックしてみてください♪
今回私の購入したM585と見た目や機能はほとんど変わりませんが、価格が若干高いです。
ただ、長く使うものなのでこちらを買っても損はないはず✨

 

 

まとめ:ワイヤレスマウスで快適なパソコンライフを♪

 

今回M585を使って感じたのは、

ワイヤレスマウスの快適さは予想以上✨
マルチデバイス対応と進む戻るボタンで作業がサクサク🎵

という感じ✨

 

使ってみないとなかなか分からない快適感です。

 

今までごくごく普通のマウスを使っていましたが、一気に高機能になって密かな優越感に浸れていますよ💓

 

 

生活
\Twitter更新中♡フォローしてね/
まいにちレビュー