迷ったら一旦捨てなくても大丈夫。断捨離で苦しまないコツ

断捨離

こんにちは!るか(@ruka_a5)です。

 

断捨離をしていて、捨てるか迷って辛くなった経験はありませんか?

 

誰しも快適な生活を目指して断捨離をしているはず。
多少の苦労はあれど、必要以上に辛い思いはしたくないですよね。

 

もう、むやみに苦しむ必要はありません。

 

捨てるか迷ったとき、簡単にできる対処法について説明していきます🎶

 

 

もう、断捨離で苦しむ必要はない

 

あなたが断捨離をする目的は何ですか?

 

物を減らしてシンプルに生活したい
部屋の中をスッキリさせたい
もう使わないものとお別れしたい

などなど…

 

少数の本当に必要なものを大切に使うことで、生活の質を上げること
みなさん、これが最終的な目標だと思います。

 

 

快適な暮らしを目指しているのに、断捨離で辛い思いをして、もうできない!と挫折してしまう。

 

なんだか本末転倒ですよね?

 

でも、もう大丈夫。

 

辛いときは無理をしなくていいんですよ

 

 

捨てられなくても大丈夫

 

断捨離で辛い思いをするのは、

 

物を思うように捨てられないとき
思い出の品と向き合うとき

だと思います。

 

 

私も、元々は物を捨てられないタイプです。
断捨離をしようとクローゼットを開いたものの、

 

これはまだ着るかも…
これは貰い物だし…

 

と、なんだかんだ手放せないんですよね😢

 

迷ったら捨てるのが一番!というのは頭では分かってるんですが。

 

なんだか辛くて、なかなかゴミ箱に入れられない…😭

 

「勢いで服いっぱい捨てた!」なんて人を見かけると、羨ましくなっていました。

 

捨てようか迷うのはどんなもの?

私が断捨離を始めたのは5年以上前。
少しずつマイペースですが、物は減ってきています!

 

長い期間、物と向き合ってきたからこそ気付いたのは、
捨てようか迷ってるものはそのうち捨てられるということです。

 

捨てようか迷うものって、取っておきたい反面、もう不要かもと感じているから捨てづらいんです。

古いけどお気に入りのもの(着すぎて毛玉のできた服など)
まだまだ使えるけどお気に入りでないもの(貰い物やノベルティなど)
見返すだけの思い出のもの(学生時代の記念品など)

 

そういうものって、皆さんはちゃんと使えてますか?
捨てようか迷ってるものほど、いざ使おうとすると、乗り気にならないものです。

 

例えば毛玉のできたお気に入りの服。
お気に入りでも、毛玉のできてることに気が付いた時点で新品のときほどルンルンで着られないですよね。

 

ノベルティのボールペンが家に溜まってる人。
使い切らなきゃ…と義務感で使うより、お気に入りの可愛いボールペン1本を大切に使った方が、幸せじゃありませんか?

 

 

より気持ち良く物を使うためにどうすれば良いのか?
理想とするライフスタイルの中では、そのアイテムは自分に合っているか?

 

考えてみてください。
今の自分に合わないものなら、捨てようかな…と思えてくるはずです。

 

また、思い出の品については、実用的でないものが多いですよね。
どうしても現物を取っておきたいものでなければ、写真に撮って捨てるのも手です。

 

私も思い出のものやお気に入りだったけど古くなってしまった服など、写真に撮ってから捨てています。

 

スマホなら10秒くらいで写真を撮れますよね🎶
たったそれだけの一手間で、少し捨てやすくなりますよ。

 

写真をわざわざ見返すことは実際には少ないのですが、それだけで捨てやすくなるなら試す価値有りです。

 

 

それでも迷うなら、一旦保留

 

頭では捨てようかなと思っても、いざゴミ箱の前に行くと捨てるのをためらう場合もあります。

 

そんなときは、辛い思いをしながら捨てなくても大丈夫です。

 

ただし、捨てようか迷う気持ちが少しでもあるなら、
タンスの奥にしまいこむのではなく、机の上など目立つ場所にあえて置いておくのがオススメ

 

あえて目立つ場所に置いておくと、どうしようと思う回数が増えます。

 

やっぱり取っておこう!と思えるなら、タンスに片付けてしまっても大丈夫です。
私も実際にそうしたこともあります。

 

でもそう思えないものは、今タンスに片付けちゃうと、またいつか捨てようか悩むことになるはず。

 

先ほど、捨てようか迷ってるものはそのうち捨てられると書いたように、
「わざわざ片付けるのもな…そろそろ捨ててもいいかな…?」と思えるようになります。

 

そんな気持ちになれたなら、前向きな気持ちで物とお別れできますよ🎶

 

 

苦しむこともポジティブな経験値に

これまで述べたように、断捨離で無理して辛い思いをする必要はありません。

 

でも、辛い思い、苦しい思いを経験した人にも良いことがあります

 

それは、新しく物を買うときに慎重になれること。
いつかお別れするときにエネルギーを使うことを知っていると、衝動買いを防げるはずです。

 

断捨離の「断」は不要なのが手元に入ってくるのを断つという意味合いですが、
「捨」の過程で物と別れる苦しさを知ることにより、「断」も1歩上達することができます。

 

 

まとめ:マイペースに頑張ろう♪

物を捨てようか迷っても、もう苦しむ必要はありません!

 

より生活を快適にするにはその物をどうすればいいのか考えてみて。

 

不要なのが分かってるけど気持ちの問題で捨てづらい場合は、放置でも大丈夫なんです。

 

少しずつ頑張っていきましょう(*´ω`*)

断捨離
\Twitter更新中♡フォローしてね/
まいにちレビュー