ドライアイや疲れ目の緩和にも!USBホットアイマスクのすすめ

生活

こんにちは!るか(@ruka_a5)です!

仕事でほぼ一日中パソコンと向き合うことも多い私。

 

コンタクトレンズも長年使用しており、目の疲れやドライアイが酷かったです。
目は一生ものなのに、若いうちからコンディションが悪く、将来が心配でした😱

 

そんな私が、ホットアイマスクを使うことで手軽に症状を緩和することが出来ました🎵
USBタイプのものを使えば安く目の疲れを癒すことができます✨

ブルーライトで疲れ目・ドライアイが酷かった

仕事で一日中パソコンを使う上、通勤電車でもスマホを使っていることが多い私。

 

さらに、コンタクトレンズの使用歴は10年間。
長時間使用してる上、あってはならないことですが今まで寝落ちしたこともしばしば…。

 

※今はどんなに眠くても疲れていてもコンタクトレンズだけは外すように心がけています💦

 

こんな酷い環境だったので調子の悪い時には夕方以降は目を開いているのが辛い日もあるほどでした。
また、潤いに特化したコンタクトレンズを使っているので、普通のコンタクトレンズを使うと頭痛が起きたりも。
このコンタクトレンズが廃盤になったらと思うと恐怖を感じました。

 

 

このままの使い方でコンタクトレンズを使い続けたら…
今も辛いのに、数十年後がすごく不安でした😂

 

意識してまばたきすることで目を潤す??

ドライアイと言えば、目を潤すことが大事だと思っていた私。
目薬を頻繁にさしていました。

 

ドライアイについて調べていくと、現代の人はまばたきをちゃんとできていない人が多いことを知りました。

 

いま、「まばたき?しないと目が乾いちゃうし!やってるよ!」って思いませんでした?

 

私も最初はそう思っていました。

 

しかし、無意識になるとまばたきしても最後まで目を閉じられていない人が多いんだとか。
思い出した時は、「最後まで目を閉じる」ことを意識してまばたきするようにしていました。

 

 

自分で出来るドライアイ予防!マイボーム腺を温めよう

さらに、目を温めることがとても効果的なんだとか。

 

まぶたの中には「マイボーム腺」というものがあります。

 

マイボーム腺は、目の水分を蒸発しないように油分を分泌しています。
ドライアイを訴える人の多くは、涙だけでなく油分が不足しているのだそう。

 

確かに言われてみると、目薬をさしてもすぐに目がカラカラになってた私。
油分が足りず水分がすぐに蒸発していたのかもしれません。

 

目のまわりをあたためることで、目の血行を良くするだけでなく、マイボーム腺の詰まりを緩和できるんです!

 

毎日5分ほど行うのが効果的。

 

毎日5分で少しでもドライアイを改善できるなら、やってみるだけでも価値がありますよね✨
しかもホットタオルなどの方法によっては、ほぼタダでできます!

 

目のまわりを温めるのにオススメな方法を紹介していきますね。

 

今すぐできる!ホットタオル

 

疲れた目をじんわ〜り熱いタオルで蒸すと気持ちいいですよね。
今まで私は電子レンジでホットタオルを作って使っていました。

手順としては

①タオルを水に濡らし、きつく絞る。
②ラップでくるむ。
③電子レンジで温める。

という感じです。

 

 

※③温め秒数は使用レンジやワット数で異なるので様子を見ながら温めてください
私は600Wのレンジで1分少し温めてました!
手で数秒触れているのも辛いほど、かなり熱くなることもあるので注意です。

 

ただこの方法、ラップを用意したり少し手間がかかるんですよね💦

 

なので、お風呂でホットタオルを作り始めました。

 

方法としては、

①50度くらいのお湯を出す。やけどに要注意!
②タオルを満遍なくお湯に浸してキツめに絞る。

という感じです。

 

ただし、ホットタオルは火傷のリスクがある割にはすぐに冷めてしまいます
2〜3分でぬるくなってしまう印象です。

 

10分くらいホットタオルをキープ出来たらと考えるようになりました。

 

使い捨てアイマスク

片付ける必要がなく、準備も袋を開封するだけ。

 

「蒸気でホットアイマスク」という商品の登場でかなり一般的になりました。
使った後も捨てるだけでいいので便利で清潔ですね!

 

開封から2分ほどで温まり始めめ、持続時間も約20分。
手軽なのにホットタオルとは違ってしっかり温めてくれます!

 

水蒸気を発するのでただ温めるよりも目が潤いそうです。

 

無香料はもちろん、ラベンダーやゆずなど香り付きも多数販売されています。
気分に合わせて選ぶのが楽しいし、リラックス効果はたっぷり!

 

メンソール入りタイプもあるので、シャキッとしたいときにも使えます。

 

とはいえ、使い捨て。
一時的ではなく継続してアイマスクを使っていきたい場合にはコスパが悪いです。

 

例えばこちらのオーソドックスな5枚入りタイプ。

 

 

amazonだと5枚で358円。
1枚あたり、約75円です。

 

 

短期的に試してみたい人にオススメですね。

 

あとは旅行や職場などで使いたい人。
出先で荷物にならず使い終わったらそのままポイできちゃうのが便利です✨

 

節約しつつ便利に使える!おすすめはUSBホットアイマスク

色々試した結果、コスパが良くて利便性も高いのは、繰り返し使えるホットアイマスクだと感じました。

 

特におすすめはUSBタイプです。

 

私がホットタオル、使い捨てアイマスク…と色々試してみて辿り着いたのは、

 

USBから電源を取るUSBホットアイマスク!

 

 

スマホの充電器のUSBポートをそのまま電源として使います。
職場でもアイマスクを使って休憩していい雰囲気なら、パソコンから電源が取れるのも良いですよね◎

 

そして何より、圧倒的にコスパが良いです!
ものによってタイマーがついていたり温度調節ができるので、便利✨

 

私が購入したものはタイマーも温度調節も可能で、1,400円(税込)送料無料でした。
カバーも取り外し洗えるので、壊れさえしなければずっと使うことができます。

 

温度は3段階で調節ができます。
高:45〜50℃
中:38〜45℃
低:37〜40℃

 

上記の通り、タイマー機能もついています。
ホットタオルのように冷めてしまわないのが良いところとはいえ、寝落ちして低温やけどをしたら…恐ろしいですよね。
ぜひタイマー機能付きを選びましょう!

 

コードは約220cmあるので、多少USBポートが遠くても大丈夫。
アイマスクのバンドもかなりきつめ〜ゆるめで長さ調節ができるので、小顔さんも安心。

 

この商品は安さ重視なので説明書がついておらず、パッケージも超簡易的です。
ただ、販売ページにだいたいの使い方や説明は書いてあるのでそこまでは不要だと思いこの商品を選びました。

 

実際に買って頂くと、目がじんわりして、潤っていることを実感できます。
特に「温度:高」だとかなり温かい💓
顔に触れるものなので清潔なポーチでの保管や定期的なカバーの洗濯がおすすめです✨

 

 

ちなみに、充電をしてからコードレスで使えるタイプもあります。
ベッドの近くにコンセントやUSBポートがない方はコードレスが手軽ですね。

 

私はいざ使うときに充電が切れているという状況がいやなのでコード有りにしましたが…

 

コードが首や身体に絡まるのを防ぐため念のためコードレスを選ぶのも良いですね✨

 

 

レンジでチンするホットアイマスク

ちなみに、機械式ではなくレンジでチンして繰り返し使えるタイプもあります
私は寝室でホットアイマスクを使いたかったのでキッチンとの行き来が面倒でやめました。

 

しかし、商品によっては700〜800円程度とかなり安価で数百回繰り返し使えます。

 

安さ重視の人におすすめです。

 

特にあずきを使ったタイプはあずきの重みで目にしっかりフィットしてくれるので気持ちいいです💓
あずきが保持している水分が熱せられることで水蒸気も発します。

 

こんなに進化してる!見えるホットアイマスク

ちなみに、目の部分が抜かれていて作業しながら使えるホットアイマスクもあります!
目の周りを温めながら、読書や作業ができてしまうので時間を有効活用でき非常に便利です。
ただし範囲が目の周りに限られてしまうので注意。

 

マイボーム腺はまぶたの裏にあるので、本気でドライアイに悩んでいるなら全眼覆えるタイプの方が良いかと思います😊

 

 

作業とリラックス効果を両立させたい方におすすめ。

まとめ

この先、数十年と使うことになる「目」。

 

目を温めることでドライアイを緩和していきませんか?
おすすめの方法をいくつか紹介させて頂きました。

 

自分に合った方法で、快適な潤い目になりましょう😍

 

生活
\Twitter更新中♡フォローしてね/
まいにちレビュー