仕事合間に2週間でFP3級取得!勉強法と当日の過ごし方

資格

 

こんにちは!
私は2018年1月にファイナンシャル・プランニング試験3級を受験し、無事合格しました✨
いわゆる、FP試験です。

 

社会に出てまだまだ若手、元々お金に関する知識があったわけでもありません。
でも、色んな方が言っているように、ちゃんと勉強すれば受かる!そんな試験でした。

 

実質しっかり勉強したのは仕事の合間を縫っての約2週間です💦
備忘録を兼ねて、これから受けたいな〜と思っている方に私が取った勉強法や試験当日のレポを公開します。

 

ちなみに私の点数は学科が46/60点、実技が40/50点。

学科・実技ともに合格点は60%(学科が36点、実技30点)です。
それぞれ余裕を持って10点上回っての合格でした😊

 

せっかくだから合格はしたいけど高得点にはこだわりが無かった自分。

ですが、それでも嬉しい結果になりました!!

 

プロのファイナンシャルプランナーになりたい!という方は私のような詰め込み型の勉強はお勧めしません。
なぜなら、その先の2級・1級も見据えて基礎の3級はしっかり勉強しなければいけないからです。

 

私と同じように、合格さえできればいいかなという方は是非参考にしてみてください!
詳細は以下でお話ししますが、お金について知る1つのきかっけとして大変オススメな資格です。

※記事の内容は執筆当時の情報であることをご了承ください。

FP3級の受験を決めたわけ

もともと、保険や税金、株式などの堅苦しい言葉には苦手意識。
将来大丈夫かなあ…という思いがありました💦
皆さんは、自信がありますか?

 

社会に出て、実際に自分が税金や年金を払うようになって、その思いは強まるばかり。
これから先の人生、お金が絡むイベントは増えるし、より金額は大きく・より内容は複雑になるはず。

 

どうせなら、慌ててその都度調べるより、時間のある今のうちに一通り勉強しておきたいという想いがありました。

結論から言うと…受験してよかった!

今回、合格して思うのは、後回しにせず思い立ったときに勉強してよかった!!ということです。

 

正直、FP3級は勉強すれば誰でも取れる試験なので、資格としての力は弱いです。
つまり、履歴書に書いて強いパワーを発揮するかというと、微妙なトコロ。
また、私が合格して2ヶ月が経つ今、試験で暗記した具体的な数字はほとんど忘れています。

 

それでも、受験してよかったと思う理由はいくつかあります。

①お金の問題に直面する未来の自分の負担を少しでも軽くしてあげられる
②知識があるおかげで得をする
③お金のことを考える良いきっかけになる

以上のメリットを考えたら、受験料や勉強時間なんて余裕で元を取れると思ったので受験しました。

①未来の自分の苦労を前借りする

例えば子どもが生まれて、旦那さんと将来のことを考えるとき。

全くの無知から調べ始めるより、具体的な数字は忘れていても「そういえばこんな制度があったなあ」となんとなく覚えているほうが、すごーーーく気が楽だと思うんです

実際、子どもが生まれたらゆっくり調べるような時間も無いはず。

 

②無知のせいで損は嫌だ!

また、税金の控除など、知っていればおトクなお金の仕組みも世の中には多数存在します。
こういった制度は、基本的には自ら活用しないと適用されないです。

 

知識が無いせいで損をするのは絶対に嫌でした

 

③お金を考える良いきっかけに

そして最後に、お金の知識に触れる機会が増えれば、少しは日常のお金の使い方も考えるきっかけになるのでは?と思ったのです。

投資をする?貯金しておく?今はまだ若いですが、今の少しのお金の使い方が将来になって大きな差になるはず!

 

迷っている方、ぜひ受験してみましょう!✨

資格としては…微妙?

先述の通り、資格を仕事やキャリアに生かしたいという方にはあまり向かないかもしれません。

 

もちろんその上のFP2級、1級を取りに行くなら話は別です。
生きていくには多くのお金が必要で、貧困が話題になったりしている今。
ファイナンシャルプランナーさんの需要は右肩上がりだと思います。

 

お伝えしたいのは、3級だけでは世間的なアピールには大してなりませんということです。
私は色々考えて、現段階では3級の上の2級は取らないことに決めました。
そのお話については後で詳しく書きます。

 

申し込みについて

私が受験を決めたのは2017年の9月半ばです。
前回の受験申し込みが終わったばかりで、受験まで4ヶ月と一番ゆとりがあるタイミングで受験を決めました。
後述しますが、これがアダとなりました。

 

きんざい?FP協会?

FP試験は金融財政事情研究会(きんざい)とFP協会、2つの団体から申し込むことが可能です。
3級と2級の試験日、受験料、受験資格、学科問題の内容は同じです。
実技問題は科目と問題が異なります。 ※1級のみ、きんざいだけが実施しています。

 

私はきんざいで受験しました。
理由は、ただ各ブログや受験記を見ていてきんざいがオススメという声が多かったから。その程度です。

 

また、正直迷うほどの大差はないという声が多かったのも事実。
どっちでもいいからとにかく申し込みをして、迷う時間は勉強に回しましょう!という意見もありました。

 

どちらも多くの人が受験しています。
どちらかが圧倒的に有利なら、ネットでもそのことを伝える意見が多いはず。

あまり迷わずに、きんざいにしました。

 

ネットから申し込みが便利!

個人の申し込みはネットから可能です。
クレジットカードも使えるので便利ですね。
他に、申込書を使って郵便での申し込みもできます。

 

ネットから申し込みの手続きを進めていると、「いかなる事由でも返金はできません」的な文面。
本当に私は受験するのか?合格できるのか?と一瞬たじろぎますが、ここで止まっていてはいつまでも勉強できません!
ネットショッピングをしているときのノリと勢いを思い出し、申し込みボタンをポチります。

 

参考書について

参考書の買い方

受験を思い立ってすぐ、本屋さんに参考書を買いに行きました!

 

参考書代はあまりケチらない方がいいです。
私も最初フリマアプリなどで安く買えないか探していました。
しかし、FP試験で出題の問題は法律が変わったがために年度で答えが変わることもあります。

その1題に泣くことになったら悲しいので最新のものを買いに行きました。

 

また、フリマアプリやオークションで安いものはすぐに売れてしまいなかなか買えそうになかったこともあります。
安く出品されるのを粘り強く待つくらいなら、その時間を勉強に回そうと思いました。

 

私の持論になりますが、何事も自分がしっかりとお金をかければかけるほど、しっかりとやらなくてはという気持ちになります!
ですが、何冊も買ってやみくもにやればいいわけではないです。
受験勉強などでも再三言われている通り、これ!と決めた参考書・問題集をやりきりましょう

 

 

イチオシの参考書は「みんなが欲しかった!」シリーズ

私は各ブログや受験記で一番名前を見かけることの多かった「みんなが欲しかった!」を選びました。

 

受験生の気持ちを捉えた工夫が色々とされており、売上も第1位です。
(紀伊国屋書店調べ 2014年1月〜2018年3月)

 

参考書って、白黒で文字がビッシリ並んでいると、やる気が失せますよね(泣)
実際に本屋さんで他と比較しましたが、カラフルだったり図解や語呂合わせが多いのが特徴です。

 

大事なポイントは板書書きをイメージした解説があって直感的で、メリハリがあって覚えやすかったです!
高校でも、テストのときには板書やノートの雰囲気を思い出しながら解答したなあと昔のことを思い出しました。
赤シートも付録として付属しています。

 

こちらの参考書、452ページと持ち歩きには少々重たいです。
ですが出版元のTAC出版のサイトで、購入者限定で板書ページのPDFが無料ダウンロードできます。
私も直前の移動時間はスマホで板書を眺めていました!

スマホ社会の現代、この特典もとてもありがたいですね。

同じシリーズで問題集もあるので、セットで購入。

実際の試験で出題された過去問題が使われているので、実践的!

しかも、回答の別冊はただ答えを解説するだけでなく、その範囲で抑えるべき内容が簡潔にまとめてあります。
問題集の答え合わせをして、ここ怪しいからもう一度しっかり復習しておきたいなあという時。
いちいち分厚い参考書の該当ページを探すのは面倒なので、ありがたかったです!

実質2週間!私のFP3級勉強法

当初のスケジュールは、着実に

まだ時間もあるので、着実にしっかりと抑える余裕があると考え、1日1チャプターを目標に進めました。
仕事帰りの隙間時間を使うことになりますので勉強時間は1日1〜2時間くらい。

 

流れとしては、

1日で「参考書を読む⇒参考書の例題を解く⇒解説を見ながら答え合わせ」
その翌日に「前日やった分野の問題集を解く⇒解説を見ながら答え合わせ⇒特に弱いと感じた部分は参考書見返す」

という感じでした。

 

 

1日1チャプターの進みでも、4ヶ月も時間がありました。
教科書+参考書を1周したあと参考書だけ数周して、最後に模試にもたっぷり時間が取れる計算でした。

 

長すぎた中だるみ

最初の1週間はモチベが続いて継続できていたのですが。
ある日会社帰りに友人と夕食を食べて遅くなったため、まだ試験まで余裕もあるし、今日はいいやと思ってしまいました。

 

…はい、お察しの通りです

 

それからたまに1、2ページやることは数回ありましたが、なんとそれから試験の1週間前まで3ヶ月間、ほとんど勉強はしませんでした!
お正月休みも、そろそろ…という思いはあったのですが、テレビを見てこたつで暖まっていると冬休みが終わっていました。😓

最後の1週間で詰め込み!!

試験を1週間半後に控えた金曜日、流石にヤバい、と思って参考書を開いて絶望です。😱 😱
ノータッチの分野の量の多さ、さらには9月にやったところも数ヶ月前なので忘れている。

 

ここからスイッチが入りました!

 

結果として、最初の1週間+詰め込みの1週間の計2週間で合格点を上回る結果が得られました!

 

しかし、数ヶ月間やらなきゃと思っては重荷に感じていましたし、最後の1週間はメンタルも削られました。
余裕がある方は地道にコツコツ勉強することをオススメします。

 

残り時間が少ない方は是非以下を参考にしてくださいm(__)m

 

最後の1週間は、多少睡眠不足になりつつも仕事帰りに3時間くらいを確保しとにかく参考書を読み進め、1日4チャプターほどやったりもしました。
1チャプター参考書が進むごとにやっていた問題集も、効率化のため1章ごとに。

 

脳科学的にも、記憶するためには反復が大切。
何となく理解したらとにかく次に進んでました。
しっかりと1回だけ読むより、多少怪しくても数回繰り返すことを意識していました😊

 

そんなこんなで、一通り参考書・問題集が終わったのは試験前の金曜日。
試験は日曜日に迫っています。

金曜日の最後に模試をやってみたところ、点数はほぼ合格点と同じでした。
勘で解いた問題もあるので、運が悪かったら落ちてます。

 

不安な気持ちのまま(自業自得)、土曜日を迎えます。

 

前日の土曜日は丸一日ほとんど勉強に費やしました。
まずは問題集を1周。
そして1周目で間違えたところに印をつけておき、もう2周目は間違えた問題だけやりました。
ここまでくると自分の得意分野・苦手分野や、頻出分野も分かってきます。
問題を解くだけでなく、自分の苦手分野も改めて参考書を読み返し、覚え直しました。

 

苦手分野が多すぎて、覚えたそばから抜けていくので半泣きです。
また、参考書の言葉の意味を理解しきれていない部分もありました。
数ヶ月余裕があれば、ネットでしっかり調べたりできたはずですが。

 

そんな余裕も無く、当日を迎えました。

 

当日の過ごし方

当日は頻出範囲を徹底するしかない!

当日は午前中から試験が始まりますが、朝少し余裕を持って起きて参考書を見返しました。

 

FP試験には毎回出題されるような頻出分野がいくつかあります。
株式投資の評価指標や、建築基準法などです。
直前は頻出分野を取りこぼしのないように取り組むのが効率よく、オススメです!

 

当日の朝の電車は周りを見渡してみるとFP試験の参考書を読んでいる人がかなりいました。
センター試験の朝みたいで驚きました。
こんなに多くの人が受験するんだから大丈夫だ、と今思えば根も葉もないことを考えました。笑

 

会場の雰囲気

私の会場は四ッ谷にある上智大学でした!
上智大学内でまさかの他の資格試験も同日に行っているようで、すごい人でした。

 

なんとか自分の受験番号の対象の教室を探し、席に着きます。
受験に必要なものを机上に出したり、お手洗いなども済ませたりしていたらすぐに時間になってしまい、思っていたほど復習できませんでした。

 

早めに家を出たつもりでしたが、もうちょっと早く出ればよかったなと思いました。

 

午前中の学科試験はスラスラ解けた!

直前に頻出問題ばかりやっていたからか、意外とスラスラ解けます。
たまに、自信が無い・わからない問題もありました。

 

総合的にはおそらく大丈夫かな、くらいの手応え。

早く終わった人は規定の時間内で途中退出できるので、私も見直しを2周くらいしてから途中退出しました。

 

お昼ご飯は持参しよう!

色々な受験記でも言われていますが、お昼は持参するか、家の近くのコンビニなどで調達するほうが良いです。

 

私は朝会場に行く前に現地・四ッ谷のコンビニで何か買えばいいやと電車に乗りました。
しかし!現地についてから意外と会場の近くにコンビニが無いことに気づきます。
慌てて駅の売店で微妙なお弁当を買いました。
上智大学内にコンビニもあったようなのですが、日曜日で大学自体は休みなのでやっているかどうかも定かではなかったです。

 

慣れない土地でアタフタするより、家や地元で準備するのが賢明です。
そしてお昼休みは、本当に貴重な勉強時間。
会場にもよると思いますが電車内でも参考書を読んでいる人をチラホラみるほど受験者数が多い資格です。
会場の近くにファミレスやファストフード店、コンビニがあったとしてもお昼の時間は混み合いますし、移動の時間も勿体ないです!

 

余計なストレスはなくしていきましょう。

 

私が受験前に不安だったのが、食べる場所が用意されてるのかな?受験会場で飲食していいのかな?という点でした。
実際、当日は会場の教室は食事禁止でしたが、食事もできる休憩スペースとして教室1つが解放されていました。

私は午前の選択問題が早めに終わり、早めに行ったので問題なかったのですが。
段々と席が埋まり出して、せっかく休憩の教室に来たものの空いている席がなくて教室を出て行ってしまう方もいらっしゃいました。
協会さんにはこのあたりの改善を望みます。

 

また、気分転換をするという意味であえて会場や外をぶらつくのは良いと思います。

 

大学などの試験会場って椅子が固かったり空気がこもりやすかったりで、頭がぼーっとしてきます。
特に私の受験した1月は教室に暖房がかかっているので、尚更でした。
お昼ご飯を食べると、眠くなってきますしね。
新鮮な空気を吸って午後に備えましょう!

 

午後は対策の遅れた実技問題にヒヤヒヤ

午後は実技問題です。

 

実技と言っても、今までの基礎知識をかけ合わせて問題を解くだけで、選択式であることには代わりありません。
実技の勉強は模試でしかできていなかったので、手応えは全くありませんでした…

もしかしたら午前の学科問題だけ合格かもなーと思ったのを覚えています。
そんな感じで試験当日が終わりました。

無事、合格!

オフィシャルサイトほか、TACや資格大原などのサイトでも回答が確認できます。

 

当日、自己採点をしたところ、意外といい感じ!
直前に頻出問題を勉強したことが効いたみたいです。

マークシートにずれが無ければ合格間違いなしです。

 

開放感と合格の手応えを感じてぐっすり寝られました✨✨

 

結果は合格発表日にウェブで確認可能です。
受験から発表日まで1ヶ月半ほど空くので注意です。

 

しばらくして合格通知が改めて届きました。

やはり紙で届くと嬉しいな〜!と思いました💓

 

2級はあえて受験しない

FP3級の上は、FP2級です。
受験するか迷いましたし、挑戦するなら3級の知識が頭に残っているうちに、とも思いました。

ですが、私は当面は受けないことに決めました

 

2級の取得は、3級と比べ物にならないほど難易度が高く、合格率も低いです。
必要と言われている勉強時間も格段に違います。

 

逃げと言えば逃げかもしれませんが、当初の

①将来お金の問題に直面する自分の負担を少しでも軽くしてあげる
②知識があるおかげで得をする
③お金のことを考える良いきっかけになる

という目標はひとまず達成できたので、とりあえずは3級で十分かなあという感じです😊💓

 

もちろんこの先考えが変わることもあり得ます!
その際は、是非またレポさせて頂ければと思います。

資格
\Twitter更新中♡フォローしてね/
まいにちレビュー